ジョホールバル不動産の投資が人気になっている理由

海外不動産情報局

マレーシアで不動産投資を

女の人

移住で人気のマレーシア

海外移住で大人気であるマレーシアは、一度は訪れたい場所や住みよい場所が多くあります。

READ MORE
お金と家の模型

マレーシアの不動産投資

人口が増え、首都への不動産価値が高まるマレーシアは今が投資のチャンスです。

READ MORE
積み木

不動産を投資する流れ

不動産投資の方法を順に追って説明しています。スタイルに合った投資をしましょう。

READ MORE

先進国に向けて成長する

一軒家

先進国入りを目指す

ジョホールバルのあるマレーシアはアジア経済の中でも大きな発展を遂げています。1990年代から工業化を進めて安定した経済成長を記録して、2020年には先進国入りを目指しています。グングン高まる需要を信じ、投資を検討していきましょう。

災害無く建築コストが安い

住宅用地が多くあり災害がほとんどないので建築構造が比較的シンプルなので、建築コストがあまりかからずに住宅を建てることができます。

若い世代の不動産購入

マレーシアは人口増化が長期的に続く見込みがあり、今の若い世代が不動産購入層になる10数年後を見据えて、不動産の投資が盛んに行なわれています。人口の増加で住宅需要の拡大が見込まれているのでジョホールバル不動産投資をするなら今がチャンスです。

住みよい国マレーシア

多民族が生活するマレーシアに移住を考える方のためにジョホールバル不動産があります。下記にはマレーシアに移住した方々の声を記載しています。ぜひマレーシアへの移住を考えてみてはどうでしょうか。

マレーシアに住む人の声

ルーズだけどそこがいい

南国気質なのか悪く言えばルーズな国民性だけど、皆笑って過ごしていて、時間を気にせずにのんびりとすることができます。

左手はタブー

人に対して左手を使うのは本当にタブーです。失礼に当たる行為で、日本にいるころには意識することなんかありませんでした。しかし文化に慣れ親しんだころには、人に対する思いやりのひとつとして認識できるようになりました。

一年中夏の気候

熱帯雨林気候なので年中20度後半の季節が続きます。雨季乾季の季節があり、日本でいう秋から春にかけて雨季になります。それ以外はずっと乾季ですがスコールが年中降っています。

お酒やたばこが売っていない

イスラム教ではアルコールやたばこの摂取が禁止されています。イスラム教が主流なマレーシアではその戒律が守られており、イスラム教の教えが強い地方では、販売されていない店舗が多いです。しかし、中国系の住民が多い町ではレストランやショップで購入ができます。国自体で禁止されているわけではないです。

宗教の尊重をするように

イスラム教の戒律を尊重する国民に対して、最低限のマナーを守った行動はするべきです。例えば、1日5回の礼拝や金曜日に行なうモスクでの祈りの妨げはしてはいけないです。また、宗教施設など神聖な場所は肌を露出しないようにと、入り口で見学者用にスカーフなどの貸し出しを行なってもらえます。尊重といっても最低限のエチケットを守って生活しています。

宇治市で不動産を購入しよう
理想の物件を手軽にcheck♪ジョホールバル不動産投資をはじめよう☆
優良物件を数多く紹介!岡山の不動産を数多く公開中
理想の物件を手軽に検索☆
広告募集中